【トラリピを始めた理由】メンタル崩壊しないメリットと損大利小であるデメリット

デイトレで失敗した経験がある私。

失敗した当時は「俺はどんな資産運用をやってもダメなんだ」と思っていましたが、実際はそうではない!自分に合った資産運用方法が大事なんだと思うようになりました。

その一つの候補として紹介したいのが、マネースクエアの『トラリピ』です。

今はトラリピと出会って運用している私が、なぜトラリピを始めたかをメリット・デメリットを踏まえて紹介します。

トラリピって何?始めた理由は『半自動』であること

トラリピとはマネースクエアが特許を取得しているFX自動売買の一つです。

トレードの手法は下の動画(90秒)を見ればすぐにわかります。

90秒でわかる マネースクエアの独自注文「トラリピ」

ご覧になられましたか?

 

見るのが面倒な方へかんたんに解説しましょう。

トラリピのイメージ

トラリピの正式名称は「トラップリピートイフダン」と呼ばれています。「トラップ」「リピート」「イフダン」と3つに分けて考えると理解しやすいです。

「もし(IF)、〇〇円になったら買って、〇〇円になったら売る(DONE)」 = イフダン

買値と売値をあらかじめ設定しておくことで、自動トレードでトレードすることが可能であるのがトラリピの特徴です(=イフダン)。

そして、このトレードを繰り返し注文できるわけです(=リピート)。

デイトレでは「往復ビンタを食らう」ことが多かった私ですが、うまく設定できれば何度も往復で利ざやが取れるという寸法です。

さらに、この過程をあらゆるレンジ幅で設定できるのがトラリピの最大の強みです(=トラップ)。

トラリピの「トラップ」のイメージ

自分の設定した間隔で買い注文を入れる(トラップをつくる)ことができるという特徴があります。

1箇所で買うのではなく、自分の設定した感覚で小刻みに利確できるので、『ドン底で買って頂上で利確する』ということを意識する必要がありません。

 

実際のところ、『ドン底で買って、頂上で利確する』方が利益になるので良いに決まっていますが、その事を意識しない半自動トレードの方が優位な面もあるのです。

半自動で運用できるのでメンタル崩壊しない

私は2016年12月〜2018年の4月まで、デイトレして資産運用したい…と思いましたが、結局50万円も負けてしまいました。

デイトレで50万の損失…

「値動きが読めているのに、なぜダメなんだ?」

分析・考察…悩みに悩んで出した結論が、たった一つの悪癖を直せなかったこと。

それは、チャンス以外でもトレードしてしまう事でした。

  1. ザラ場中にずっと監視する必要がある
  2. トレードをしなければ、生きてはいけない
  3. 強引にエントリーポイントを探す
  4. 株の値動きに煽られて不要なトレードをしてしまい損失

デイトレは100%トレードに時間を使う手法です。もちろんトレードで収入が無ければ生きてはいけません。

逆にチャンスは一瞬で、それを逃すと後悔・焦り・悔しさが増長されて、ムキになって不要なトレードをする→負けるというスパイラルに陥ってしまうのです。

 

対してトラリピは『半自動』でトレードをすすめくれます。

つまり、その時の感情に左右されないトレードが可能なのです。

自分のメンタルをコントロールできないのはバカみたいですが、それが私の性格なので仕方ありません。

なので、私の弱点を補ってくれる『トラリピ』は非常に魅力的だったんですよね。

トラリピのデメリットは損大利小|含み損を抱えるリスクもある

私のような気質の人間にとって、トラリピは魅力的…ですが、もちろんデメリットも存在します。

それは、トラリピが損大利小のトレードになり得るという事です。

決まった位置で売買するので、どうしても利幅は小さくなりますし、何重にもトラップを仕掛けるので、ストップロス(ロスカット)になった時には大きな損失になります。

トラリピを実践するにあたって、ブログやYoutubeなどでも調べてみたのですが、ロスカットを決めずに無限ナンピンして大きな含み損を抱えている人もいました。

 

そもそも、株トレードの常識で言えば「損大利小のトレードはダメ絶対!」です。

デイトレをしていた私にとってトラリピなんかありえないんですよ。本当にそうだ…と思っていました。

しかし、それ以上にメンタル崩壊による不用意なトレードを防げるメリットは大きかったです。

株では負けていましたが、分析力やトレード方針は間違っていない自信はありました。何度もシミュレーションし、決めたことを実行できれば良かったのです。

ただ、それが実行できなかっただけ…

なので、デメリットはありますが、強制的にルール通りのトレードができる価値は想像以上にありますね。

理想としては、裁量トレードの方が利幅も取れるので良い気がします。

しかし、現実問題として私のようにメンタル崩壊して損失を膨らませてしまう人は、『自動』という助けを借りた方が結果的に良いケースの方が多いでしょう。

「資産運用の重要性はわかっているけど、自分で売買するとどうしてもメンタルをコントロールできない」という方には、トラリピはおすすめだと言えます。

マネースクエアでトラリピを始める

テケオがトラリピを始めた理由は、自分に合っているから

デイトレばかり注力していた私ですが、やっぱり向き・不向きが存在していると思います。

デイトレで勝てなかった当時は「自分に能力がない・劣っている・ダメ人間なんだ」と卑屈になることが多かったのですが、自分には向いていないと思えるようになったら見え方が変わりました。

自分に合った資産運用方法を見つけるのが大事だと思います。

その候補の一つに「トラリピ」を考えるのも良いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました